So-net無料ブログ作成

日経平均 ブログトップ
前の10件 | -

日経平均株価と東証平均株価は同義ですか? テレビ東京系のニュースでの株式... [日経平均]





日経平均株価と東証平均株価は同義ですか? テレビ東京系のニュースでの株式...

合計5000円以上で送料無料!日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい 藤野英人 ダイヤモ

日経平均株価と東証平均株価は同義ですか?
テレビ東京系のニュースでの株式コーナーでは、日経平均以外の言葉を聞いた事がありません。しかし、その他の民放・NHKなどは東証平均株価しか聞いた事がありません。

いったいこの二つの名称・意味の違いとは何なんでしょう?


- 回答 -
「東証株価指数」ではないのですよね。
それなら日経平均と同意語です。

東証は現在TOPIX(東証株価指数)を採用していますが、むかしは別の算出で平均株価を出していました。それが「東証平均株価」です。
その後「東証平均株価」は日経(日本経済新聞)が算出を引き継いだような形で日経平均株価を発表していますが、その名残で名称がちがいます。
多分、日経系列以外では特定企業名の入った「日経」平均株価を言いたくないからそんな事になっていると思いますね。
NHKではコーラ缶などが画面に出ると紙やテープで商品名を隠しますから特にそうでしょう。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)







日経平均株価が上がると就職率はよくなりますか?転職を考えています。その辺... [日経平均]





日経平均株価が上がると就職率はよくなりますか?転職を考えています。その辺...

合計5000円以上で送料無料!2014年日経平均9000円割れ相場が始 中丸友一郎 ダイヤモ

日経平均株価が上がると就職率はよくなりますか?転職を考えています。その辺の回答よろしくお願いいたします



- 回答 -
単純にいえばそうなりますが、日経平均株価は主要225企業の指標に過ぎません。
しかも、景気はそれに遅れて追いかけていくのですぐに就職率が良くなることはありません。

ゆるやかに成長している現在の日本経済です。

急な就職率の回復に影響を及ぼすのは、日経平均株価よりもむしろ、
円/ドルや原油価格、商品先物価格、または国の政策だと思います。

主要企業の利益があがり、下請け、孫請けまで利益が上がってくるが数ヶ月かかるように、
全体の求人倍率があがってくるのも、数ヶ月先と言うことになります。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)







いまさらですが、日経平均株価とは、なんですか?全株価の平均なんでしょうか... [日経平均]





いまさらですが、日経平均株価とは、なんですか?全株価の平均なんでしょうか...

合計5000円以上で送料無料!2014年日経平均株価3万円は夢物語では 渡辺久芳 廣済堂出

いまさらですが、日経平均株価とは、なんですか?全株価の平均なんでしょうか?アメリカのも、一万ドルとかいってますよね、一株、80万もするのでしょうか?



- 回答 -
日経平均株価は、東証第一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い225銘柄を選定し、ダウ平均株価の株価平均型方式を基にした計算方法で修正平均を算出する。業種のバランスなども考慮しながら、定期的に入れ替える。株式分割などの際は、分母(除数)の修正などで連続性を保つようにしている。

日経平均を使用した金融商品は、株価指数先物など世界中で多数発売されている。

日経平均株価をTOPIXで割った値を「NT倍率」という。


ダウ・ジョーンズ社がアメリカのさまざまな業種の代表的な銘柄を選出し、平均株価をリアルタイムで公表する株価平均型株価指数である。これらの銘柄は全てがニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場しているわけではなく、シスコシステムズ・インテル・マイクロソフトの3社はNASDAQに上場している。

ダウ平均株価には、「ダウ工業株30種平均」、「ダウ輸送株20種平均」、「公共株15種平均」の3種類と、これらをあわせた「ダウ総合65種平均」がある。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)







教えてください。 「日経平均株価」とは、東証第一部の大半の銘柄は、株価が... [日経平均]





教えてください。 「日経平均株価」とは、東証第一部の大半の銘柄は、株価が...

合計5000円以上で送料無料!株がわかる!日経平均公式ガイドブック 日本経済新 日本経済

教えてください。
「日経平均株価」とは、東証第一部の大半の銘柄は、株価が1000円以下ですが、平均株価が、現在、10000円前後です。そのまま、計算すると辻褄が合いません。
どのような、計算式でしょうか?
素人でもわかるように、教えて下さい。


- 回答 -
日経平均は採用されている225銘柄の株価合計を除数で割って算出します。
株価はそのまま用いるのではなく、みなし50円額面換算しています。例えばNTTドコモのみなし額面は5万円なので、50円額面相当にするには1000分の1にします(5万÷50=1000)。
株式の額面制度は2001年10月施行の商法改正で廃止されました。日経平均は各銘柄について当時の額面をベースに「みなし額面」を定め、現在の指数算出に用いています。採用銘柄の大半のみなし額面は50円ですが、一部50円以外の銘柄もあります。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)







日経平均株価とは何の平均なんでしょうか? 225社の一株当たりの平均ですか? [日経平均]


業界最狭水準スプレッド取引手数料0円!全額信託保全で安心安全



日経平均株価とは何の平均なんでしょうか? 225社の一株当たりの平均ですか?

【送料無料選択可!】日経平均と「失われた20年」 平均株価は経済の実体を正しく映しているか[...

日経平均株価とは何の平均なんでしょうか?
225社の一株当たりの平均ですか?



- 回答 -
単純に平均してしまうと、株式を分割した時や225社の銘柄が変わった時に
指数としての継続性がなくなってしまいます。実際にはかなり複雑な計算を
しています。

詳しく知りたい場合は下記を参照してください。

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=%E6%97%A5%E7%B5%8C%E5%B9%B...

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)







日経平均株価というのは、平均値でしょうが、 「TOPIX」 とは、どんなことな... [日経平均]


FX MT4 初心者24時間サポート|東岳証券



日経平均株価というのは、平均値でしょうが、 「TOPIX」 とは、どんなことな...

 【1000円以上送料無料】2014年日経平均株価3万円は夢物語ではない根拠 公的年金の大量買いで...

日経平均株価というのは、平均値でしょうが、 「TOPIX」
とは、どんなことなのか解りません。教えてください。
よろしく、お願い致します。


- 回答 -
日経平均は文字通り「平均」です。
現在、額面制度がございませんが、50円額面換算の株価を使い、株価を合計し、「除数」といわれる数値で割ったものです。
「除数」が生まれる理由として、銘柄入替・分割等権利落ち(最近ですとイオンが分割した際、除数の変更が行われています)の際、
指数に連続性を持たせるためにあります。
ですから、一般的には「修正平均」という言葉が使われているようです。
日経平均は旧額面換算50円にして高い銘柄の影響度が高いです。

一方、TOPIXは時価総額ベースで算出しております。
新規上場銘柄がでますと基準時価総額を変更しながら、指数に連続性を持たせています。
TOPIXは時価総額の高い銘柄の影響度が大きいです。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)







日経平均株価とTOPIX(東証)の違い 日経平均は、一部上場の225銘柄平均と習い... [日経平均]





日経平均株価とTOPIX(東証)の違い 日経平均は、一部上場の225銘柄平均と習い...

株がわかる!日経平均公式ガイドブック

日経平均株価とTOPIX(東証)の違い
日経平均は、一部上場の225銘柄平均と習いましたが、どうもTOPIXの意味が良く分かりません。
分かり易く解説お願いできないでしょうか?


- 回答 -
日経平均は225銘柄の株価単純平均です。(正確に言うとみなし額面株価です)
この場合、実際の企業の規模は指数に影響せず、株価の推移だけが指数に反映されます。企業規模が大きかろうが小さかろうが株価が同じなら指数に与える寄与は同じです。
一方、TOPIXは東証一部全体の企業の時価総額合計を指数化したものです。時価総額(株価×発行済み株式数)の合計なので株価が同じでも企業規模が大きい銘柄の寄与がより大きくなります。言い換えれば株価を企業規模によって加重平均したものがTOPIXです。
一般には日経平均のほうが知名度が高いですが、経済のマクロ分析や正確なパフォーマンス評価を行う場合などにはTOPIXの方が整合性が高い場合が多いです。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)







日経平均株価が下がると、 世の投資家はがっかりするようですが、 株価(日経... [日経平均]





日経平均株価が下がると、 世の投資家はがっかりするようですが、 株価(日経...

【送料無料】2014年日経平均株価3万円は夢物語ではない根拠 [ 渡辺久芳 ]

日経平均株価が下がると、
世の投資家はがっかりするようですが、
株価(日経平均株価)とはあくまで需要と供給のバランスであって、
株価が低くなってるのは株をやろうとしてる投資家が、
以前に比べて少なくなっただけの事であって、
それが不景気とは別に関係あるのですか?
景気が良くたって株をしない人はしないし、
景気が悪くなったから株を止める人ばかりではないし、
日経平均株価が下がる≒不景気とは言いがたいのでは?


- 回答 -
株価の与える影響は以下のとおりです。

企業にとって株式市場とは資金調達の場です。
ここで言う資金調達とは、企業が株式を「新たに」発行して、
その株式を市場を通じて売り出すことによって投資家からおカネを集めることです。
株式市場で流通している株式は、その企業が「過去に」資金調達を行った際に
発行された株式が売買されておりますので、その株価にどんな値段がつこうとも、
企業が行った「過去の」資金調達には影響はありません。
したがって現在の企業財務には影響はないでしょう。

直接影響が生じるのは、企業が今まさに株式を新たに発行して資金調達を行おうとしている場合です。
株価が高い方がより多くの資金を調達でき、株価が低ければ調達できる資金も少なくなります。
100万株を1000円で発行すれば10億円調達できますが、これが800円なら8億円になってしまいます。
調達できる資金が計画より多ければ問題はないのですが、少ない場合は事前に立てた資金計画が狂ってきます。
このケースでは日々の株価の変動が企業の財務に影響を与えます。

資金調達の発表そのものが株価の下落要因になるケースがあります。
すでに1000万株の株式を発行している上場企業が、
新たに100万株を現在の時価500円で発行して資金調達する場合を考えてみます。
もともとの株主から見れば、流通している1000万株に対して500円の値段がついているのであって、
ここにその10%に当たる100万株が新たに市場に出てくるとなると、
株主の価値は自動的に10%減少して、株価の理論的な妥当値は454円に下がります(500÷1.1=454円)。

ただし企業は、株式市場で調達した資金によって工場を増強したり、
原料をたくさん購入して製品をたくさん作ったり、店舗を増やしたり海外に進出したりして事業の拡張を図ります。
金利を支払わなければならない借金を返済することもできます。
株式市場での資金調達が企業の次なる発展の基礎となって、
売上や利益を伸ばすことに成功すれば、再び株価は上昇します。
ただしそれにもある程度の時間が必要です。

質問には「株価変動の影響」とありましたが上記で答えたように短期的な影響はさほどありません。
しかし短期の連続が長期です。
短期的な下落が継続して長期的な株価の下落につながった場合、
企業の財務には重大な影響が出てきます。

株式市場は、常に買い手と売り手が競い合って株式の値段(つまり株価)をつけている場所です。
そこでは常にリアルタイムでその企業の価値が時価総額として表示されます。
株価が長期にわたって下がり続けているような企業は、誰もその企業に投資しようとは考えなくなります。
株価が上がらないと、企業が株式を新たに発行して資金調達をしようとしても、誰もそれを買ってくれません。
企業の財務には将来にわたって影響が出てくると考えられます。

さらに言えば資金調達ばかりではありません。
長期的な株価の下落は、その企業の行っているビジネスそのものが見込みがないと受け止められてしまいます。
従業員は不安になり、優秀な新入社員が入社しなくなります。
その企業に債権を持っている納入業者は製品を供給しなくなるでしょうし、
銀行は資金の貸出を渋るようになります。
こうなると企業財務への影響どころか、企業の存続そのものが危うくなってきます。

さらに長期にわたって株価が下落した場合、ビジネスの価値としては見所はさほどないと考えられますが、
今度はその企業を資産価値の面から丸ごと買ってしまおうという投資家が現われないとも限りません。
企業買収のターゲットになってしまいます。
買収によって新たな大株主が突如として出現した場合、経営陣はすべて入れ替えられるかもしれません。
工場の閉鎖、従業員の解雇、事業内容の大幅な変更なども考えられます。

そのような事態を避けるためにも、企業は自らの株式を購入する「自社株買い」を行うことが許されるようになりました。
安くなりすぎた株を自分で購入するわけですが、その際にも購入資金が必要です。
借金して自社株を買う企業はないでしょうから、社内にある現預金を取り崩して購入することになります。
これも財務上の影響といえます。

その企業にとって、日々の株価変動はさほど影響はないのですが、
それが継続して長期的な株価変動になった場合には大きな影響が出てくると言えるでしょう。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)







日経平均株価というのは 東証1部上場会社の平均のことだとわかったのですが ... [日経平均]





日経平均株価というのは 東証1部上場会社の平均のことだとわかったのですが ...

日経225ミニ実践的投資法 日経平均の上げ下げを予測するだけ! / 後藤寛【中古】afb

日経平均株価というのは
東証1部上場会社の平均のことだとわかったのですが
TOPIXというのはなんですか



- 回答 -
このTOPIXは東京証券取引所に上場されている全銘柄を対象にしています。

時価総額(株価に株式数をかけたもの)で計算されるため、日経平均と違い
株価だけでなく株式数の規模も含んでいます。(⇒『加重平均株価』といいます。)

TOPIXは1968年1/4の時価総額を100としてそれに対して
今の時価総額はどれだけになっているかというものです。

したがって、○○円ではなく○○ポイントと表示されます。
(現在の上場株式時価総額÷基準時の上場株式時価総額×100=TOPIX)

TOPIXは全体の平均でさらに加重平均であるということですぐれた株式指標なのですが、短所もあります。

TOPIXの短所は
●指数の動きが小さい
●加重平均なので株式数の多い大型の株の影響を受けやすい。
(逆に言うと小型の株がいくら大幅に高くなってもTOPIXは影響をあまり受けない→日経平均と逆の現象)

最近では日経平均ではなく、TOPIXを見るという人も増えています。
どちらを自分にとってメインの指数にするかは人それぞれですが、日経平均・TOPIXともに代表的な株価指数ですので一通りおさえておきましょう。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)







日経平均株価についての質問です。 日経平均株価とはどの様な役割を果たすの... [日経平均]





日経平均株価についての質問です。 日経平均株価とはどの様な役割を果たすの...

【送料無料選択可!】失われた自由市場-日経平均は4000円、[本/雑誌] / 上北貴久/著

日経平均株価についての質問です。
日経平均株価とはどの様な役割を果たすのでしょうか。

日経平均株価が上がろうが下がろうが、株価っていうのは一つ一つの企業の話であってあまり意味がないように思えました。


投資家の人たちも一つ一つの企業に注目すればいいので必要ないのではないでしょうか

また、市場が為替レートに影響を与えるのはわかりますが、変動した結果のみをニュース等で流せばよいのではないでしょうか。

日経平均株価の存在意義を教えてください。
よろしくお願いします。


- 回答 -
日経平均株価は、日本の株式市場のバロメーターです。

個別銘柄(特に、優良株)の株価は、日経平均株価に強い影響を受けます。

1.例えば、1月27日は日経平均が385.83円安だったので、東証1部の値上がり銘柄数は29銘柄、値下がり銘柄数は1744銘柄でした。
つまり、個別銘柄が上昇トレンドを形成していたとしても、1月27日には殆どの銘柄が下落しました。

逆に昨年12月9日は日経平均が350.35円高だったので、東証1部の値上がり銘柄数は1426銘柄、値下がり銘柄数は235銘柄でした。
この場合は、個別銘柄が下降トレンドを形成していたとしても、殆どの個別銘柄が上昇しました。

2.昨年5月23日に日経平均株価が急落して、その後、しばらくの間個別の株価も低迷したのはご存じですね。
その前日まで数日の間は東証1部の値下がり銘柄数の方が値上がり銘柄数より多かったにもかかわらず、12営業日の間、株価が短期急上昇トレンドを形成するという異常な現象が起こりました。
例えば、昨年5月22日は、日経平均株価が246.24円高でしたが、値上がり銘柄数743銘柄だったのに対し値下がり銘柄数は853銘柄でした。 明らかにおかしいですね。
これは特定筋がむりやり意図的に日経平均株価を押し上げようとしていたことは明らかでしたし、異変を察知した有能なトレーダーが株の急落を予知して個別銘柄に対して売りを浴びせたわけです。
つまり、日経平均株価を分析していたトレーダーは、個別銘柄についても、昨年5月23日の株価急落の影響を避けることができました。

3.逆に、日経平均株価が下がると小型株は上昇する傾向にあります。

4.何れにしても、日経平均株価の動向を良く分析していれば、何かと御利益(ごりやく)があるということです。

【追伸】
dagjm652p様 ご指摘ありがとうございました。 誤記でした。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)







前の10件 | - 日経平均 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。